宝石の故郷に自社鉱山を持つジュエリーカンパニー シティ・オブ・ジェムズ
スリランカ自社鉱山保有
全商品・保証書・鑑別書付
メールでのお問い合わせはこちら
078-332-5514
品質の基準 ビューティーグレード サファイアの見分け方/選び方
こだわりの一貫生産体制
安心の品質・管理について
メディア掲載履歴
開催予定の催事一覧
カラーストーンの知識
カラーストーン取扱店
取材のご依頼 歓迎いたします
メディア関係の方へ
スリランカでのボランティア活動について

宝石の神様が舞い降りた国

シティ・オブ・ジェムズ TOP > 宝石の神様が舞い降りた国
宝石の神様が舞い降りた国” スリランカ
国名はシンハラ語で スリ=光り輝く、ランカ=島 であり『光り輝く島』を意味します。
スリランカ民主社会主義共和国(スリランカみんしゅしゃかいしゅぎきょうわこ く)通称スリランカは、南アジアのインド亜大陸(インド半島)の南東にポーク 海峡を隔てて位置する共和制国家です。首都はスリジャヤワルダナプラコッテ。
1948年2月4日、イギリスから自治領(英連邦王国)のセイロンとして独立。1972年にはスリランカ共和国に改称し、英連邦内の共和国となり、1978年から現在の国名となりました。現在もこの国が占める主たる島をセイロン島と呼びます。国名をスリランカに改称したシリマヴォ・バンダラナイケは世界初の女性首相です。また、国民の7割が仏教徒(上座部仏教)です。
日本の約5分の1ほどの小さな島国。北海道の約8割という決して大きくはない国土のスリランカ。そんな小さな国土に8つものユネスコ世界遺産があります。古代都市シーギリヤをはじめとする6つの文化遺産に加え、シンハラージャ森林保護区など2つの自然遺産は、南米のアマゾンに次ぎ世界有数の豊かな生態系を誇ります。そのどれもがスリランカの奥深い歴史、伝統、伝説、自然を肌で感じることのできる文化・自然遺産の宝庫といえます。

スリランカは紅茶の輸出量が世界第1位を誇ります。1824年にイギリス人がスリランカに初めて紅茶の灌木を持ち込み、ペーラーデニヤ王立植物園に栽培しました。その後1867年から商業目的での栽培が始まりました。
スリランカの紅茶は栽培された高度によってロー、ミディアム、ハイのいずれかに分類されます。標高1,890メートルのヌワラエリヤのなだらかな丘では「紅茶のシャンパン」とも呼ばれる世界一の紅茶を栽培しており、繊細な味といつまでも残るフレッシュさで知られています。
現在、300,000トンの紅茶を製造しており、コロンボは世界最大の紅茶の競り場です。

また、スリランカは、世界第2位の宝石産出国です。ソロモン王がシヴァの女王へ贈ったのは、燃えるように赤いスリランカ産のルビーであったと言われます。数々の伝説に残るように、スリランカの宝石は質・量ともに世界最高峰を誇ります。サファイア・スターサファイアの世界最大の産出国として認知され、約26種類以上のカラーストーンを産出する宝石の故郷です。
地球が誕生して46億年の歳月の中、何億年もはぐくまれた自然の鉱物は4,000とも5,000とも呼ばれています。その中でジュエリーと呼ばれるのは40~50種類ほど。その中の約半分がスリランカから採掘されます。
だから『宝石の神様が舞い降りた国』と呼ばれるのです。
シティ・オブ・ジェムズ お問い合わせ窓口 078-332-5514
メールでのお問い合わせはこちら